デッセ会員様とつくるプロジェクト

子育て中のデッセ会員様とのお茶会を通じて、ベビー・キッズ用品の商品開発や商品改善のヒントをいただきました。

No.2 22年春号カタログ掲載商品の検討会

21年4月から5月にかけて、ベルメゾンのベビー&キッズ用品を担当するプランナーやバイヤーが集まって、22年春号カタログに掲載する商品について、連日会議が開かれました。

3月に開催したオンラインお茶会でいただいたたくさんのお声についても、新商品や仕様変更を検討する上で参考にさせてもらいました。

通園・通学に使う袋モノ

先日のお茶会で改めてわかったことは、『通園・通学につかう袋モノは、いろんな種類・サイズが必要』『必要なサイズ・種類・数は通う園や学校によってバラバラ』という事でした。

ギリギリになって必要な種類や指定サイズが知らされることもある事や、入園・入学のシーズンが間近になると、急いで手作りを開始したり、お店やインターネットで指定されたサイズの袋モノを慌てて探しだすママ達のお悩みを、開発メンバーで共有し解決策を検討しました。

■通園・通学バッグの単品売り

そこで、ベルメゾンでは、22年春号掲載商品から、これまで通園・通学4点セットで展開していた商品について、必要・不要、そして買い足しの必要性に合わせてお買い求めいただきやすいように、一部商品の単品売りを検討いたします。

■サイズ・仕様の見直し

また、「学校机の横のフックにかけた時に、地面にすらない」ための工夫や、サイズの見直しについても検討をしています。

お客様との会話がきっかけとなって検討を始めた、通園・通学に使う袋モノの「単品売り」と「サイズ感・仕様の変更」について、これからも検討を続けてまいります。

次回更新予告

次回は、具体的にどんな商品が「単品売り」になって、どんな「サイズ感・仕様の見直し」が行われるのか、バイヤーへの取材を通して皆様にもご報告します。お楽しみに!